Classic@RAG
クラシックをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

ベートーベンの名曲。人気のクラシック音楽

「運命」「エリーゼのために」などの名曲で知られる大作曲家、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが残した数々の曲の中から、スタジオスタッフがおすすめする名曲、代表曲をご紹介します。

史上、最も偉大な音楽家の一人による、美しい旋律の調べに心奪われてください。

もくじ

ベートーベンの名曲。人気のクラシック音楽

交響曲「運命」第5番 ハ短調 作品67Ludwig van Beethoven

ベートーヴェンの曲といえば、まずこの曲を思い浮かべる人が多いと思います。

もともと「運命」という題名があったのではなく、べートーヴェン自身が1番初めのフレーズを「運命が扉をたたく音」と言ったことで、後から付け足されました。

交響曲「合唱」第9番 ニ短調 作品125Ludwig van Beethoven

ベートーヴェンの最後の交響曲である第9は、日本をはじめ世界中で年越しに歌われています。

第4楽章の合唱の部分の歌詞は、ドイツを代表する作家の一人、フリードリヒ・フォン・シラーが書いた「歓喜に寄す」という詩を元に、ベートーヴェンが編集したものを歌っています。

ピアノソナタ「悲愴」第8番 ハ短調 作品13Ludwig van Beethoven

「悲壮」というタイトルは、ベートーヴェンが付けました。

タイトルの通り、悲壮感漂う曲調です。

この第8番は、ベートーヴェンの3大ピアノソナタの1曲とも言われています。

特に第2楽章はとても有名で、美しいメロディーが印象的です。

ヴァイオリンソナタ第9番 クロイツェルLudwig van Beethoven

フランスの作曲家・ヴァイオリニストのロドルフ・クロイツェルに献上した曲ということから「クロイツェル」と呼ばれています。

同じくバイオリンソナタの「春」と並ぶほどの人気作です。

聴力を失って数年後に書かれたと言われえています。

ピアノソナタ「月光」第14番 嬰ハ短調 作品27の2Ludwig van Beethoven

第1楽章は、分散和音の同じリズムが繰り返される、静かな情熱を感じる、緊張感のある曲です。

第2楽章は少し明るくなり、軽快な部分もある親しみやすい曲となっています。

第3楽章は、深いところから音が湧き出てくるような、情熱的な曲です。

ピアノソナタ「テンペスト」第17番 ニ短調 作品31の2Ludwig van Beethoven

「テンペスト」とは大嵐の意味で、ベートーヴェンはシェイクスピアの戯曲「テンペスト」に影響を受けて作曲したのではないかという説があります。

第1楽章と第3楽章が特に有名で、よく演奏会などで演奏されています。

交響曲「田園」第6番 ヘ長調 作品68Ludwig van Beethoven

「運命」とほぼ同時期に作られた作品ですが、「運命」とは正反対の穏やかで心落ち着く楽曲です。

ウィーン郊外のハイリゲンシュタットと言われており、地方ののどかな風景を描いたようです。

この「田園」というタイトルは、ベートーヴェン本人が付けました。

ディアベリ変奏曲Ludwig van Beethoven

「ディアベリのワルツによる33の変奏曲」と呼ばれる、33つの変奏からなる曲です。

ベートーヴェンの最後のピアノ変奏曲で、これまでの変奏技法が駆使された集大成とも言える大曲です。

33もの、全く異なる多彩な変奏曲です。

ピアノ協奏曲第5番「皇帝」Ludwig van Beethoven

ベートーヴェンのピアノ協奏曲では演奏時間・編成ともに最大の規模を誇る、大曲です。

「皇帝」というタイトルは、ベートーヴェン自身が付けたものではありませんが、その堂々たる曲風や威厳溢れる構成から、納得のタイトルです。

トルコ行進曲Ludwig van Beethoven

ピアノの小品の1曲として、有名な「トルコ行進曲」ですが、もともとは序曲「アテネの廃墟」の中の1曲でした。

軍隊が更新する様子が容易に目に浮かぶ2拍子の曲で、子どもたちにも大人気のピアノ曲です。

思わず足踏みしてしまう、楽しい曲です。

おすすめの記事あわせて読みたい